Phoenix Bio

学会発表一覧

学会発表一覧

第45回日本毒性学会学術年会でのPXBマウス・PXB-cells関連研究発表、ランチョンセミナー開催及びブース展示のご案内

2018/07/05

7月18日(水)~7月20日(金)に開催されます第45回日本毒性学会学術年会にて、PXBマウス・PXB-cells関連研究発表があります。 ランチョンセミナーの開催及びブース展示も行いますので、合わせてご案内申し上げます。

優秀研究発表 口演

セッション2

日時: 7月18日(水)10:55〜11:00

会場: 第5会場

演題番号:P17

演題:バイオ3Dプリンターで作製したヒト肝臓モデルの構築:

新鮮ヒト肝細胞(キメラマウス由来ヒト肝細胞)を用いた肝臓構造体の毒性評価

演者:鍛治山 咲良 様(株式会社サイフューズ)

セッション6

日時: 7月18日(水)16:05〜16:10

会場: 第5会場

演題番号:P52

演題:ヒト肝キメラマウスを用いた比較トキシコゲノミクス解析による、自社化合物の肝毒性発現メカニズムの予測

演者:荒木 徹朗 様(旭化成ファーマ株式会社)

ポスター

in vitro 毒性評価

日時: 7月20日(金)13:15〜14:00

会場: ポスター・展示会場

 

演題番号:P-192

演題:ヒト凍結肝細胞の代替となり得る各種細胞の同一測定条件による薬物代謝能の評価

演者:石田 誠一  先生(国立医薬品食品衛生研究所)

 

演題番号:P205

演題:ヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス®)由来新鮮ヒト肝細胞PXB-cells®を用いた in vitro 薬物代謝酵素誘導

試験系の検討

演者:山崎 ちひろ(株式会社フェニックスバイオ)

ランチョンセミナーの概要

【日時】      7月20日(金)  12:15 – 13:15

【場所】     第2会場 (大阪国際会議場10F  1001・1002)

【講演テーマ】 PXBマウスを用いた安全性評価に関する内容

【演題・講演者】

演題1:創薬におけるヒト肝細胞キメラマウスを用いた薬物動態・毒性評価の有用性

演者:佐能 正剛 先生 (広島大学大学院医歯薬保健学研究科 生体機能分子動態学研究室)

演題2:PXBマウスを用いた化学物質の発がん性評価における欧州規制当局の評価事例

-  核内受容体CAR activatorsの評価
演者:山田 智也 先生 (住友化学株式会社 生物環境科学研究所)

※発表内容の要旨は以下をご覧ください。

 

ランチョンセミナーの詳細及び事前申し込み方法

以下申込みフォームよりお申し込みください。
※学会に参加される方のみを対象とさせて頂きます。

※予約受付のメールが届かない場合は、sales@phoenixbio.co.jpへご連絡ください。

ブース展示

会場:大阪国際会議場 3F
ブース番号:66
日時:
7月18日(水) 9:30 ~ 18:00
7月19日(木) 9:00 ~ 18:15
7月20日(金) 9:00 ~ 15:30