Phoenix Bio

学会発表一覧

学会発表一覧

第102回日本消化器病学会総会でのPXBマウス・PXB-cells関連研究発表のご案内(追加演題含む)

2016/05/02

2016年4月21日(木)~23日(土)に京王プラザホテル(東京都新宿区)にて開催されました第102回日本消化器病学会総会にてPXBマウス・PXB-cells関連研究発表がありましたので、ご案内申し上げます(追加5演題を含む)。

パネルディスカッション4

B型肝炎ウイルス排除にむけて~創薬への新知見~

演題番号:PD4-5
演題:Induced fit type逆転写酵素阻害剤開発の試み
演者:早川 路代 先生(大阪市立大学大学院医学研究科 肝胆膵病態内科学)

 

演題番号:PD4-8

演題:エピジェネティクス修飾によるB型肝炎ウイルス増殖制御に関する検討

演者:中本 晋吾 先生(千葉大学 分子ウイルス学)

シンポジウム4

B型肝炎治療の現状と未来

演題番号:S4-2

演題:肝星細胞アポトーシス誘導によるB型肝炎ウイルスによる肝線維化阻止を目指して
演者:佐々木 玲奈人 先生(千葉大学 消化器内科学)

 
演題番号:S4-3

演題:B型肝炎ウイルスのcccDNA維持に必要な宿主遺伝子の同定
演者:橋本 真一 先生(金沢大学 消化器内科学)

 

演題番号:S4-4

演題:Nucleotide analogsによるIFN-λ3およびISG誘導とその臨床的意義

演者:村田 一素 先生(国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター)

 

演題番号:S4-5

演題:HBV genotypeに伴う核酸アナログ感受性に関する検討
演者:柘植 雅貴 先生(広島大学 消化器・代謝内科学)

 

演題番号:S4-6

演題:B型肝炎治療不応例における新規ETV耐性変異の同定と新規核酸アナログの有効性
演者:田中 靖人 先生(名古屋市立大学 病態医科学)

シンポジウム2

C型肝炎治療の新時代と将来への展望

演題番号:S2-9

演題:野生型および耐性型C型慢性肝炎に対するダクラタスビル+アスナプレビル療法の治療効果
演者:今村 道雄 先生(広島大学  消化器・代謝内科学)