Phoenix Bio

PXBマウスを用いた受託サービス

薬物動態関連試験

PXBマウスを用いた試験では通常のマウスを用いた実験と同じような投薬および試料採取を行うことが出来ます。

当社は受託サービスとしてin-life phase試験を実施し、試料採取を行い、採取した試料は委託者へ送付します。また、クライアントのご要望により、試料中化学物質の分析も行います。さらに、マウス血中ヒトアルブミン値、代謝酵素の発現及び活性、血液生化学項目などの測定サービスも行っています。

 

当社および顧客から発表された多くの素晴らしい論文で、PXBマウスによるヒト特異的代謝物、ヒト特異的酵素発現、PK予測などへの応用例をご参照下さい。

被験物質の投与

投与経路

通常の動物実験と同様、経口・静脈・腹腔内・皮下など各経路から化合物を投与することが出来ます。

試料採取

血液

通常の動物実験と同様に、化合物を投与後に各時点採血を行ったり、剖検時に全採血を行うことが出来ます。

肝臓

試験終了時、剖検によりPXBマウスより採取した肝臓は、急速凍結、フォルマリン固定、RNAレーター固定などの形で処理した後、お客様にご提供できます。