Phoenix Bio

PXB-cells

肝取込排泄評価

肝取込排泄評価:D-PREX(Disposition Profile Exploration)

D-PREX(Disposition Profile Exploration)とは、肝細胞培養物に細胞間接着を維持した状態で化合物を取り込ませた後、維持した状態と崩壊させた状態の細胞を調製し、その上清画分に含まれる化合物量から排泄評価する技術です。
製造:株式会社日立ハイテク
【特許第6087264号】

特徴

細胞間接着の維持と崩壊を制御することにより、薬物・代謝物の細胞への取込から排泄(胆汁・血中)に至る振り分けを同時評価

D-PREXアッセイの流れ

D-PREX Assay Kitの内訳

・5試薬構成の凍結品(-30℃~-10℃)

・24ウェルプレート1枚分の試験数(使い切り)

品名  単位 販売価格
 D-PREX Assay Kit  1Kit  200,000円(税別)

アッセイキットの構成試薬

構成 容量
 ① Intact Reagent  150mL
 ② Intact Stabilizer A  250μL
 ③ Intact Stabilizer B  250μL
 ④ Disruption Reagent  10mL
 ⑤ Disruption Stabilizer  250μL

胆汁酸動態解析の検証事例

D-PREX試薬とPXB-cellsを用いて、脂質異常症の治療薬である「プロブコール」による薬理作用評価をした事例です。
コレステロール低下作用が確認でき、プロブコールの濃度依存的な胆汁酸量の変化について評価をしました。

外部リンク

D-PREXは株式会社日立ハイテクの製品です。

PXB-cellsでのD-PREXの使用

D-PREXを使用することでin Vitroでの医薬品の開発精度の向上、大幅な時間及びコストの削減が期待できますが、さらに、高いヒト型活性を長期維持する新鮮肝細胞PXB-cellsを使用することによって、薬物代謝、酵素誘導・阻害、安全性、トランスポーター評価などの試験を、同一条件(繰り返し)での使用を可能にします。

お問合せ