Phoenix Bio

関連学会発表(PXB-cells)

関連学会発表 2018年

2018年1月 細胞アッセイ技術の現状と将来(つくば・アステラス製薬)

演題:MPS(MicroPhysiological System)が今後目指すべき方向性

演者:金森敏幸 先生 (産業技術総合研究所)

 

演題:高酸素透過性膜を用いたヒト肝細胞培養における酸素影響評価

演者:木村圭一 先生 (東京大学大学院)

 

演題:酸素透過膜とPXB-cellsによる肝毒性評価の開発

演者:稲松 睦 (株式会社フェニックスバイオ)

2018年2月 平成29年度日本医療研究開発機構研究費 創薬基盤推進研究事業 研究成果報告会(東京・砂防会館)

演題:核酸医薬品の安全性確保のためのオフターゲット作用の評価技術開発

演者:井上 貴雄 先生 (国立医薬品食品衛生研究所)

 

演題:胆汁排泄機構を備えたin vitro 肝障害評価系の構築と予測評価系の標準化

演者:石田 誠一 先生(国立医薬品食品衛生研究所)

2018年3月 SOT 57th Annual Meeting and ToxExpo2018(San Antonio, US)

演題:Constitutive androstane receptor-mediated mode of action for rodent livertumorigenesis is not relevant to humans, as demonstrated by case examples of synthetic pyrethroids and natural pyrethrins

演者:山田 智也 様 (住友化学)

 

演題:Simultaneous Hepatocellular Disposition Profiling of Parent Compound and Its Major Metabolism in Sandwich-Cultured PXB-Cells by D-PREX

演者:神田 勝弘 様 (日立ハイテクノロジーズ)

2018年3月 日本薬学会 第138回年会(金沢)

演題:A novel long-term culture method using a collagen vitrigel membrane chamber which can activate cytochrome P450 activity and liver-specific function of human hepatocytes

演者:渡 隆爾 様  (エーザイ株式会社)

2018年4月 EASL The International Liver Congress 2018(Paris, France)

演題:Transcriptome profiling of hepatitis B virus-infected human hepatocyte derived from chimeric mice with humanized liver

演者:Dr. Shingo Nakamoto(千葉大学大学院医学研究院)

2018年4月 第104回日本消化器病学会総会(東京)

演題:cccDNA制御作用を有する低分子化合物CDM/iCAMの開発に向けた基礎研究

演者:小嶋 聡一 先生(理化学研究所)

2018年5月 第25回HAB研究機構学術年会(つくば,茨城)

演題:In vitro細胞培養系を用いた肝薬物動態、薬物性肝障害評価系の動向

演者:石田 誠一 先生(国立医薬品食品衛生研究所)

 

演題:バイオ3Dプリンターを用いた創薬支援ツールの開発

演者:井出 いずみ 様(株式会社サイフューズ)

 

演題:PXB-cells®を用いたミトコンドリア毒性に起因する肝細胞毒性評価系の構築

演者:池田 佑豪 先生(千葉大学大学院)

 

演題:PXBマウス®由来新鮮ヒト肝細胞の性状解析およびIn vitro評価試験への応用

演者:山崎 ちひろ(株式会社フェニックスバイオ)

 

演題:PXB-ableを用いた薬物性肝毒性予測

演者:城村 友子 様(東洋合成工業株式会社)

 

演題:ヒト肝細胞におけるシトクロムP450(CYP)活性および肝特異的機能を賦活化するコラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いた新規長期培養法

演者:渡 隆爾 様(エーザイ株式会社)

 

演題:ヒト肝臓キメラマウス(PXBマウス®)由来肝細胞(PXB-cells®)を用いたトランスポーター基質薬物の胆汁排泄クリアランスのin vitro-in vivo予測の検討

演者:前田 和哉 先生(東京大学大学院)

 

演題:肝毒性を予測するために用いられているin vitro評価方法の現状について

演者:佐倉 武司 様(住友ベークライト株式会社)

2018年6月 第28回 抗ウイルス療法学会学術集会・総会(札幌,北海道)

演題:PXB-cells®を用いたB型慢性肝炎患者血清に含まれる感染性粒子の不活化作用に対する抵抗性についての検討

演者:山尾 美香留(株式会社フェニックスバイオ)

2018年6月 第54回 日本肝臓学会総会(大阪)

演題:胆汁酸代謝調節機構を標的としたB型肝炎ウイルス制御

演者:伊藤 清顕 先生(愛知医科大学肝胆膵内科)

 

演題:ドラッグフリーの実現を目指したcccDNA抑制剤CDM-3008とエンテカビルとの併用によるHBV再活性化の抑制

演者:古谷 裕 先生(理化学研究所ライスサイエンス技術基盤研究センター)

 

演題:PXB-cells®を用いた殺菌・洗浄液のB型肝炎ウイルス不活化のin vitro評価

演者:高橋 真生(株式会社フェニックスバイオ)

2018年7月 22nd North American ISSX Meeting (Montreal, Canada)

演題:PREDICTION OF HUMAN HEPATIC CLEARANCE FOR CYTOCHROME P450 SUBSTRATES VIA A NEW CULTURE METHOD USING THE COLLAGEN VITRIGEL MEMBRANE CHAMBER AND PXB-CELLS

演者:Dr. Ryuji Watari(Eisai Co., Ltd.)

 

演題:COMPREHENSIVE HEPATOCELLULAR DISPOSITION PROFILING OF PARENT COMPOUND AND ITS MAJOR METABOLITES IN SANDWICH-CULTURED PXB-CELLS BY D-PREX

演者:Dr. Katsuhiro KANDA(Hitachi High-Technology Corp.)

2018年7月 第45回日本毒性学会学術年会(大阪)

演題:バイオ3Dプリンターで作製したヒト肝臓モデルの構築:新鮮ヒト肝細胞(キメラマウス由来ヒト肝細胞)を用いた肝臓構造体の毒性評価

演者:鍛治山 咲良 様(株式会社サイフューズ)

 

演題:ヒト凍結肝細胞の代替となり得る各種細胞の同一測定条件による薬物代謝能の評価

演者:石田 誠一 先生(国立医薬品食品衛生研究所)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス®)由来新鮮ヒト肝細胞PXB-cells®を用いた in vitro 薬物代謝酵素誘導試験系の検討

演者:山崎 ちひろ(株式会社フェニックスバイオ)

2018年9月 the 54th Congress of the European Societies of Toxicology 2018(EUROTOX2018) (Brussels, Belgium)

演題:DNA microarray analysis on characteristics of hepatocyte-like cells derived from human iPS cells for the application to the cell based drug safety tests

演者:石田 誠一 先生(国立医薬品食品衛生研究所)

2018年10月 日本薬物動態学会 第33回年会/第22回MDOシンポジウム(金沢,石川)

演題:Efforts for the development of pharmacokinetics tests aimed at alternatives to animal experiments considering OECD’s movements.

演者:石田 誠一 先生(国立医薬品食品衛生研究所)

 

演題:Development of biomimetic small intestine- and liver-on chip for pharmacokinetic assessment.

演者:松永 民秀 先生(名古屋市立大学)

 

演題:Assessment of inhibitory effects of drugs on mouse and human aldehyde oxidases through in silico, in vitro, and in vivo approach.

演者:高岡 尚輝 先生(広島大学大学院)

 

演題:Nuclear receptor genes control drug metabolizing enzyme and transporter gene expressions in high density culture of PXB-cells.

演者:山崎 ちひろ(株式会社フェニックスバイオ)

 

演題:Prediction of human hepatocyte clearance for Cytochrome P450(CYP) and non-CYP substrates via a novel culture method using the collagen vitrigel membrane chamber and PXB-cells.

演者:渡 隆爾 様(エーザイ株式会社)

 

演題:Evaluation of mitochondrial toxicity in sandwich-cultured PXB-cells and human hepatocyte.

演者:池山 佑豪 先生(千葉大学薬学部生物薬剤学研究室)

 

演題:Development of a novel device for the prediction of first-pass effects of drugs

演者:水野 翔太 先生(名古屋市立大学)

2018年10月 CBI学会2018年大会(東京)

演題:Characterization of human hepatocytes isolated from chimeric mice with humanized liver(PXB-cells) by DNA microarray analysis for evaluation of the applicability to cell-based drug safety tests.

演者:堀内 新一郎 先生(国立医薬品食品衛生研究所)

 

演題:Development of an in vitro evaluation system for drug-induced hepatotoxicity using PXB-cells.

演者:稲松 睦(株式会社フェニックスバイオ)

2018年10月 2018 International HBV meeting (Taormina, Italy )

演題:A drug free effect by combo-treatment with entecavir and CDM-3008 against HBV reactivation in primary cultured human heptocytes

演者:Dr. Yutaka Furutani (RIKEN)

 

演題:Rosmarinic acid is a novel inhibitor for Hepatitis B virus replication targeting viral epsilon RNA-polymerase binding

演者:Dr. Yuta Tsukamoto (Kyoto University / University Hospital Bonn)

 

演題:Effect of Interleukin 4 on HBV production in HBV-infected hepatocytes

演者:Dr. Shingo Nakamoto (Chiba University)

 

演題:A screening system for covalently closed circular (ccc) DNA

演者:Dr. Fumihiko Takeuchi (Kyoto University)

 

演題:Comparison of different in vitro cell models to test HBV inhibitors

演者:Dr. Nele Vandervoort (Galapagos)

 

演題:Development of delivery system of CRISPR/Cas9 targeting hepatitis B virus

演者:Dr. Mohammad Enamul Hoque Kayesh (Kagoshima University)

2018年10月 第22回日本肝臓学会(JDDW2018) (神戸,兵庫)

演題:HBV in vitro 感染モデルを用いた抗cccDNA肝細胞シグナル分子の検討

演者:野阪 拓人 先生(福井大学 2内科)

2018年11月 The Liver Meeting 2018(AASLD)(San Francisco, USA)

演題:Novel Candidate Drugs That Target Cccdna of HBV

演者:Dr. Yoshiki Murakami (Osaka City University)

 

演題:Screening of Pharmaceuticals for Their Effectiveness in Preventing Liver Fibrosis Using Mice with Humanized Livers,with an Assessment of the Therapeutic Effect Using Mouse Liver Fibrosis Models

演者:Dr. Norihiro Sakai (Niigata University)