Phoenix Bio

関連学会発表(PXB-mouse)

2017年4月 CPSA SHANGHAI 2017(Shanghai, China)

演題:Prediction of Human Pharmacokinetics Parameters using Chimeric Mice with Humanized Liver

演者:宮本 真紀 様(武田薬品工業株式会社)

2017年4月 EASL The International Liver Congress 2017(Amsterdam, Netherlands)

演題:Superior suppression of hepatitis B virus DNA and antigen levels in a chimeric mouse model when BB-103, a DNA-directed RNA interference agent, is coupled with standard of care drugs

演者:Dr. David Suhy(Benitec Biopharma)

 

演題:No changes in the coding sequence for HBV core protein after 6 weeks of treatment of HBV infected humanized mice with NVR 3-778

演者:Dr. Angela Lam(Novira Therapeutics)

 

演題:Activation of FXR by steroidal or non-steroidal agonists causes an increase in LDL-cholesterol in mice with humanized chimeric liver

演者:Dr. Mark Young(Intercept Pharmaceuticals, Inc.)

2017年4月 安全性評価研究会 春のセミナー (大阪市)

演題:ヒト肝細胞キメラマウスの安全性研究への利用

演者:加国雅和(株式会社フェニックスバイオ)

2017年5月 第31回日本薬物動態学会ワークショップ(東京) 

演題:自社化合物において非臨床結果と臨床結果で乖離した事例と解決法

演者:金津卓史 先生(塩野義製薬株式会社 開発研究所 薬物動態研究部門)

 

演題:医薬品の価値の創造ー代謝経路の種差に基づく肝障害等の事例

演者:内藤真策 先生(株式会社JIMRO バスキュラーインターイノベーション事業部)

2017年6月 第53回日本肝臓学会総会(広島)

演題:B型肝炎ウイルス(HBV)感染に伴う肝細胞内IL8発現亢進と細胞内インターフェロン反応性の検討

演者:柘植 雅貴 先生(広島大学 肝臓プロジェクト研究センター)

 

演題:C型慢性肝炎に対するソフォスビル治療の効果と薬剤耐性変異の出現の検討

演者:今村 道雄 先生(広島大学大学院・消化器・代謝内科学)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いた肝内cccDNA制御による抗HBV療法

演者:内田 宅郎 先生(広島大学大学院・消化器・代謝内科学)

 

演題:B型肝炎ウイルス持続感染ヒト肝細胞キメラマウスによるインターフェロンと核酸アナログ製剤との併用治療効果評価法の開発

演者:榎本 初音 先生(東和薬品株式会社 研究開発本部)

2017年6月 第24回肝細胞研究会(北海道・旭川) 

演題:オルニチントランスカルバミラーゼ欠損疾患者由来肝細胞を用いたヒト肝細胞キメラマウスの作製

演者:菅原 豪(株式会社フェニックスバイオ)

 

演題:低分子化合物による肝前駆細胞の作製とヒト肝再生への応用

演者:落谷 孝広 先生(国立がん研究センター 研究所 分子細胞治療研究分野)

2017年7月 第13回広島肝臓プロジェクト研究センター・シンポジウム(広島)

演題:宿主因子RRM2のC型肝炎ウイルス複製因子としての役割

演者:小原恭子 先生(鹿児島大学 共同獣医学部越境性動物疾病制御研究センター)

 

演題:新規ペグ化インターフェロンβを用いたB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス効果の検討

演者:柘植 雅貴 先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究院消化器・代謝内科学)

2017年7月 第44回日本毒性学会学術年会(横浜)

演題:ヒト肝臓キメラマウス(PXBマウス®)を用いたTRAIL-R2/death receptor 5アゴニスト抗体の肝毒性評価及び網羅的遺伝子解析による機序解明

演者:仁平 開人 様(協和発酵キリン株式会社)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いたアミオダロンにより誘発されるリン脂質症の評価

演者:佐能 正剛 先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究科)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いた様々な医薬品の肝障害リスク評価

演者:榎本 初音 様(東和薬品株式会社)

 

【ランチョンセミナー講演】

演題:PXBマウス®は薬剤間での治療学的な同等性保証のサポートツールになり得るか?  -薬剤性ヒト肝障害リスクの評価事例‐

演者:立木 秀尚 様(東和薬品株式会社 事業開発部長(兼)バイオメディカルチーム課長)

 

演題:PXBマウス®を用いた抗体医薬品の肝毒性評価

演者:南谷 賢一郎 様(協和発酵キリン株式会社 研究開発本部 トランスレーショナルリサーチユニット)

2017年9月 安全性評価研究会 2017年 夏のフォーラム(長野) 

演題:PXBマウスを用いた抗体医薬品の毒性評価

演者:仁平 開人 様(協和発酵キリン株式会社)

2017年9月 International HBV meeting(Washington, USA)

演題:Acute HBV infection in humanized chimeric mice has multiphasic viral kinetics

演者:Dr. Susan Uprichard (Loyola University Medical Center)

 

演題:Exploring the multiphasic viral kinetics of acute hepatitis B virus infection in humanized chimeric mice using an agent-based modeling approach

演者:Dr. Atesmachew Hailegiorgis(Loyola University)

 

演題:A Comparison of Viral Suppression by Anti-HDV and Anti-HBV RNA Interference Approaches in a HBV/HDV cDNA-uPA/SCID Chimeric Mouse Model

演者:Dr. Xin Ye (Arbutus Biopharma Corp.)

 

演題:Novel anti-hepatitis B virus compounds with potently decreasing viral DNA and HBsAg

演者:Yoshiko Fukuda(富士フイルム株式会社)

 

演題:GalXC technology enables potent and durable RNAi-mediated inhibition of hepatitis B virus in preclinical models

演者:Martin Koser(Dicerna Pharmaceuticals)

 

演題:Transmission of HBV mediated by extracellular vesicles

演者:Dr. Takahiro Sanada(東京都医学総合研究所)

2017年10月 第25回日本消化器病関連学会(福岡)

演題:核酸アナログ治療併用有無によるインターフェロン治療効果の検討

演者:柘植雅貴 先生(広島大学)

2017年10月 The Liver meeting 2017(AASLD)(Washington, USA)

演題:GalXC Technology Enables Potent and Durable RNAi-Mediated Inhibition of Hepatitis B Virus in Preclinical Models

演者:Dr. Marc Abrams(Dicerna Pharmaceuticals)

 

演題:Modeling in humanized mice and patients suggests that antihistamine chlorcyclizine HCl not only blocks HCV infection/entry but also viral production

演者:Dr. Harel Dahari(Loyola University Medical Center)

 

演題:Analysis of polyploidy of human hepatocytes isolated from hepatitis B virus-infected chimeric mice with humanized liver

演者:石田雄二 (株式会社フェニックスバイオ)

 

演題:Persistent Loss of HBV Markers in Serum without Cellular Immunity by Combination of PEG-IFN Plus ETV Therapy in Humanized Mice

演者:内田宅郎 先生(広島大学)

 

演題:Hepatitis B virus up-regulates IL8 expression via endoplasmic reticulum stress and leads to suppress interferon responsiveness

演者:柘植雅貴 先生(広島大学)

 

演題:Characterizing the early immune response to hepatitis B virus infection using the human hepatocyte chimeric mouse model

演者:Dr. Nelson Hayes(広島大学)

2017年11月 第31回肝類洞壁細胞研究会学術集会(三重)

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いた非アルコール性肝炎モデルの開発

演者:菅原 豪(株式会社フェニックスバイオ)

2017年12月 Cold Spring Harbor Asia Conference 2017 LIVER BIOLOGY, DISEASES&CANCER(中国)

演題:Development of humanized nonalcoholic steatohepatitis model using chimeric mice with highly repopulated humanized livers

演者:立野(向谷)知世(株式会社フェニックスバイオ)

2017年12月 安全性評価研究会 2017年冬のセミナー(東京)

演題:PXBマウスを用いた薬理バイオマーカー評価

演者:新開健二 先生(EAファーマ株式会社)

2017年12月 日本薬物動態学会 第32回年会(東京)

演題:3次元培養やヒト肝細胞キメラマウスを用いた薬物代謝反応を考慮に入れた肝毒性評価

演者:佐能正剛 先生(広島大学)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いたヒト動態予測(Ⅱ)

演者:宮本 真紀 様  (武田薬品工業株式会社)

 

演題:イメージング質量分析法を用いたヒト肝細胞移植キメラマウスにおける薬物誘発性リン脂質症および胆汁うっ滞型肝障害の評価研究

演者:田村 優香 先生(広島大学)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いたONO-A及びその活性代謝物におけるCYP3Aの代謝寄与率推定

演者:澤田 健史 様(小野薬品工業株式会社)

 

演題:ヒトクリアランス予測精度向上のためのアロメトリー法選択クライテリア

演者:樋口悟法 先生(小野薬品工業株式会社)

 

【ランチョンセミナー講演】 

演題:薬物動態研究におけるヒト肝キメラマウスの新たな有効活用法 ―ヒトPK予測を中心にして―

演者:成富 洋一 先生 (アステラス製薬株式会社)

2017年12月 第60回比較統合医療学会学術大会・第20回日本補完代替医療学会学術集会(東京)

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いた継代移植によるヒト肝細胞の増殖能と性質に関する解析

演者:柳 愛美 (フェニックスバイオ)

2017年12月 HepDART 2017(Hawaii, USA)

演題:Novel Nucleosides, CMCP and CFCP, Potently Block the Infectivity and Replication of Wild-type and Drug-resistant HBVs in Culture and in Human-liver-chimeric Mice and Show Potential QW or Q2W

演者:満屋裕明 先生 (国立国際医療センター・NIH)

 

演題:A Tale of Two Viruses: HBV and HCV Co-Infection

演者:Dr. Jake Liang (NIH)

 

演題:Controlling HBsAg as a Key Component of a Combination Strategy to Affect an HBV Cure

演者:Dr. Michael Sofia (Arbutus Biopharma)