Phoenix Bio

関連学会発表(PXB-mouse)

2018年2月 第2回北里/APDD合同シンポジウム(東京)

演題:低分子化合物による肝前駆細胞の作製と薬物代謝研究の応用

演者:落谷 孝広 先生 (国立がん研究センター研究所)

 

演題:キメラマウス研究の新展開―我が国の創薬研究の変革―

演者:立野(向谷)知世 (株式会社フェニックスバイオ)

2018年2月 平成29年度日本医療研究開発機構研究費  創薬基盤推進研究事業 研究成果報告会(東京)

演題:核酸医薬品の安全性確保のためのオフターゲット作用の評価技術開発

演者:井上 貴雄 先生 (国立医薬品食品衛生研究所)

2018年3月 SOT 57th Annual Meeting and ToxExpo2018(San Antonio, USA)

演題:Constitutive androstane receptor-mediated mode of action for rodent livertumorigenesis is not relevant to humans, as demonstrated by case examples of synthetic pyrethroids and natural pyrethrins

演者:山田 智也 様 (住友化学株式会社)

2018年3月 日本薬学会 第138回年会(金沢)

演題:Prediction of Human Pharmacokinetics Using Chimeric Mice with Humanized Liver

演者:成富 洋一 様 (アステラス製薬株式会社)

2018年4月 EASL The International Liver Congress 2018(Paris, France)

演題:Discovery of a novel HBV core inhibitor EP-027367 with potent antiviral activity both in vitro and in a humanized mouse model

演者:Dr. Michael Vaine(Enanta Pharmaceuticals)

 

演題:Steroidal and non-steroidal FXR agonists elicit clinically-relevant lipoprotein profiles in mice with chimeric humanized livers

演者:Dr. Romeo Papazyan(Intercept Pharmaceuticals)

 

演題:Gut microbes mediate liver fibrosis in chimeric mice with human hepatocytes persistently infected with hepatitis B virus

演者:Dr. Masaya Sugiyama(国立国際医療研究センター)

 

演題:Establishment of a method to compare antiviral effect of drug products by human hepatitis B virus infected humanized chimeric mice

演者:Dr. Hatsune Enomoto(東和薬品株式会社)

 

演題:Understanding the multiphasic viral kinetics of cute HBV infection observed in humanized uPA/SCID mice using an agent-based modeling approach

演者:Dr. Harel Dahari(Loyola University Medical Center)

 

演題:Understanding HDV and HBV dynamics during acute co-infection in humanized uPA/SCID chimeric mice using anagent-based modeling appraoch

演者:Dr. Harel Dahari(Loyola University Medical Center)

2018年4月 第104回日本消化器病学会総会(東京)

演題:Genotype 1型C型肝炎慢性肝炎に対するDAA療法および今後問題となる症例の検討

演者:今村 道雄 先生(広島大学消化器・代謝内科)

 

演題:逆転写酵素(RT)を標的としたHIVとHBV感染症に対する治療薬開発

演者:満屋 裕明 先生(国立国際医療研究センター研究所)

 

演題:cccDNA制御作用を有する低分子化合物CDM/iCAMの開発に向けた基礎研究

演者:小嶋 聡一 先生(理化学研究所)

 

演題:SilibininによるB型肝炎ウイルス感染阻害の検討

演者:梅津 輝行 先生(東北大学消化器内科)

 

演題:HBV DNA及びHBsAg低下作用を有する新規抗HBV化合物の創出

演者:嶋根 和毅 様(富士フイルム株式会社)

2018年5月 The 31st annual meeting on The Biology of Genomes(NY,USA)

演題:Concurrent analysis of gene expression of complexed samples which consist of different species: analysis of human and mouse gene expression in the liver from chimeric mouse treated with KMTR2

演者:小野 擁子 様(協和発酵キリン株式会社)

2018年6月 第28回 抗ウイルス療法学会学術集会・総会(札幌,北海道)

演題:新規抗HBV化合物FF-B003はHBV DNA及びHBsAg低下作用を有する

演者:嶋根 和毅 様(富士フイルム株式会社)

 

演題:不成功例におけるNSSA阻害薬耐性変異およびHCV感染マウスを用いたNSSA-P32dellに対するDAA療法の治療効果の検討

演者:内田 宅郎 先生(広島大学病院 消化器・代謝内科)

 

演題:HBV感染に伴う肝細胞内IL8発現亢進とインターフェロン反応性への影響

演者:柘植 雅貴 先生(広島大学病院 消化器・代謝内科)

2018年6月 第54回 日本肝臓学会総会(大阪)

演題:B型肝炎ウイルス感染キメラマウスモデルでの肝線維化進展における腸内細菌叢の影響とその解析

演者:杉山 真也 先生(国立国際医療研究センター研究所)

 

演題:持続的かつ強力な抗HBV活性を有する新規核酸アナログCFCPの同定

演者:林 佐奈衣 先生(名古屋市立大学医学研究科)

 

演題:新規ペグ化インターフェロンβによるB型肝炎ウイルスに対する抗うウイルス効果の検討

演者:柘植 雅貴 先生(広島大学病院 消化器・代謝内科)

 

演題:マウスモデルを用いた NS5A 阻害薬高度耐性変異型 HCV に対する daclatasvir+asunaprevir+ beclabuvir および grecaprevir+pibrentasvir 療法の検討

演者:今村 道雄 先生(広島大学大学院 消化器・代謝内科 )

 

演題:ドラッグフリーの実現を目指したcccDNA抑制剤CDM-3008とエンテカビルとの併用によるHBV再活性化の抑制

演者:古谷 裕 先生(理化学研究所ライスサイエンス技術基盤研究センター)

2018年7月 日本核酸医薬学会 第4回年会 (福岡)

演題:アンチセンス薬のヒトに対する有効性・安全性を予測するモデルとしてのヒト肝細胞キメラマウスの有用性の検証

演者:和田 郁人 先生(国立循環器病センター研究所)

2018年7月 22nd North American ISSX Meeting (Montreal, Canada)

演題:Prediction of Human-Specific Metabolites of Mianserin, Cyproheptadine, and Carbazeran Using Chimeric Mice with Humanized Liver (PXB-Mouse)

演者:Dr. Suguru Kato(Takeda Pharmaceuticals International Co.)

2018年7月 第45回日本毒性学会学術年会(大阪)

演題:ヒト肝キメラマウスを用いた比較トキシコゲノミクス解析による、自社化合物の肝毒性発現メカニズムの予測

演者:荒木 徹朗 様(旭化成ファーマ株式会社)

 

【ランチョンセミナー講演】

演題:創薬におけるヒト肝細胞キメラマウスを用いた薬物動態・毒性評価の有用性

演者:佐能 正剛 先生 (広島大学大学院医歯薬保健学研究科 生体機能分子動態学研究室)

 

演題:PXBマウスを用いた化学物質の発がん性評価における欧州規制当局の評価事例

ー 核内受容体CAR activatorsの評価 ー

演者:山田 智也 先生 (住友化学株式会社 生物環境科学研究所)

2018年9月 第17回あわじしま感染症・免疫フォーラム (淡路,兵庫)

演題:P. vivax liver stage maturation and hypnozoite formation in humanized uPA/SCID mice

演者:Dr. Niwat Kangwanrangsan(Mahidol University, Bangkok, Thailand)

2018年9月 IBD and Liver:East Meets West(京都)

演題:Promising antiviral combination therapy targeting HBV eradication with a novel compound derived from spice.

演者:奥新 和也 先生(東京大学医学部附属病院)

2018年9月 第77回 日本癌学会学術年会(大阪)

演題:ゲノム編集がもたらす基礎と臨床の変革

演者:村松 愼一 先生(自治医大・神経内科、東京大・医科研・遺伝子細胞治療センター)

2018年10月 日本薬物動態学会 第33回年会/第22回MDOシンポジウム(金沢,石川)

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いたCYP DDI victimリスク予測の改善事例

演者:天水 大介 様(アステラス製薬株式会社)

 

演題:PXB-mice with new donor hepatocytes: Reproducible animal model for prediction of human pharmacokinetics parameters.

演者:濱田 輝基 様(Axcelead Drug Discovery Partners株式会社)

 

演題:Prediction of human in vivo circulating metabolites generated via multi-step metabolism using chimeric mice with humanized livers: a case study of DS-8312.

演者:渡邊 健悟 様(第一三共株式会社)

 

演題:Assessment of inhibitory effects of drugs on mouse and human aldehyde oxidases through in silico, in vitro, and in vivo approach.

演者:高岡 尚輝 先生(広島大学大学院)

 

演題:Effective use of chimeric mice with humanized liver to predict human half-life for compounds with long half-life.

演者:宮本 真紀 様(武田薬品工業株式会社)

 

演題:Utility of chimeric mice with humanized liver for human clearance prediction and comparison of its predictability with human hepatocyte.

演者:望月 俊樹 様(エーザイ株式会社)

 

演題:In vivo and In vitro evaluation of human-specific, hydrolyzed metabolites of edoxaban using chimeric mice with Humanized livers.

演者:渡邉 亜紀子 様(第一三共株式会社)

 

 【ランチョンセミナー講演】

演題:ヒトクリアランス予測におけるアロメトリー法の選択基準

-ヒト肝キメラマウスで予測精度の向上が期待できる化合物の特徴-

演者:澤田 健史 先生 (小野薬品工業株式会社 研究本部 薬物動態研究部)

 

演題:ヒト肝キメラマウスを用いたヒト代謝物の予測

-その有用性と注意すべき点-

演者:渡邉 亜紀子 先生 (第一三共株式会社 薬物動態研究所 第2グループ)

2018年10月 2018 International HBV meeting (Taormina, Italy )

演題:Impact of gut microbes on liver fibrosis in chimeric mice model with human hepaotcytes persistently infected with hepatitis B virus
演者:Dr. Masaya Sugiyama(National Center for Global Health and Medicine)

 

演題:Development of a HBV cell culture model with efficient viral spread to support the entire HBV cycle

演者:Dr. Robert Muench (Gilead)

 

演題:Highly accurate quantification of intrahepatic Hepatitis B virus cccDNA by droplet digital PCR

演者:Dr. Sanae Hayashi (Nagoya City Universitiy)

 

演題:Identification of PAPD5/7 as novel dependency host factors for high-level HBV gene expression

演者:Dr. Henrik Mueller (Roche)

 

演題:Efficacy of JNJ-61758320 (JNJ-8320), a capsid assembly modulator, in HBV-infected chimeric uPA/SCID mice with humanized liver

演者:Dr. Jan Martin Berke (Janssen)

 

演題:Enhancement of hepatitis B virus replication by a microRNA targeting pregenomic RNA

演者:Dr. Tsubasa Munakata (Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science)

 

演題:Preliminary analysis of HBV and HDV dynamics during acute co-infection in uPA/SCID chimeric mice using an agent-based modeling approach

演者:Dr. Harel Dahari (Loyola University Medical Center)

2018年10月 第22回日本肝臓学会(JDDW2018) (神戸,兵庫)

演題:HIV感染症とHBV感染症に対する治療薬のデザイン・開発
- 構造生物学と臨床薬理学に導かれて -

演者:満屋 裕明 先生(国立国際医療研究センター研究所)

 

演題: HCV感染マウスを用いたNS5A-P32delに対するDAA治療効果

演者:今村 道雄 先生(広島大学 消化器・代謝内科)

 

演題:スタチンならびに新規ウイルス増殖因子抑制物質, 既存の抗ウイルス薬2剤の4種併用療法によるcccDNAを含む抗HBV療法の探索

演者:藤永 秀剛 先生(東京大学 消化器内科)

 

演題:B型肝炎ウイルス感染に対する爪と毛髪を用いた新しい診断アプローチ
演者:小松 陽樹 先生(東邦大学 小児科)

 

演題:マウス肝線維化進展予防薬の探索及び効果の検証

演者:酒井 規裕 先生(新潟大学 消化器内科)

2018年11月 The Liver Meeting 2018(AASLD)(San Francisco, USA)

演題:Potent and Durable RNAi-Mediated Suppression of Hepatitis B Virus Infection in a Mouse Model By a Non-Viral Closed-Ended Linear Duplex(CELiD)DNA Vector

演者:Dr. Badriprasad Ananthanarayanan(Benitec Biopharma)

 

演題:Discovery of a Novel Therapeutic Agent Targeting HBx-DDB1 Interaction for HBV Cure

演者:Dr. Kazuma Sekiba (The University of Tokyo)

 

演題:Promising Antiviral Combination Therapy Targeting HBV Eradication with Nucleoside Analogue, Interferon, Statin,and a Novel Compound Derived from Spice

演者:Dr. Kazuya Okushin (The University of Tokyo)

 

演題:Liver Fibrosis Induced By Gut Microbes in Chimeric Mice Model with Human Hepatocytes Persistently Infected with Hepatitis B Virus

演者:Dr Masaya Sugiyama (National Center for Global Health and Medicine)

 

演題:Development of Human Ornithine Transcabamylase Deficiency Model Using cDNA-uPA/SCID Chimeric Mice with Patient Hepatocytes

演者:Chise Tateno (Phoenixbio Co., Ltd.)

 

演題:The Role of TLL1 in Hepatic Fibrogenesis and Carcinogenesis

演者:Dr. Kentaro Matsuura (Nagoya City University Graduate)

 

演題:Regulation of the Hepatitis B Virus Gene Expression and Replication By the Multi-Functional Protein Tardbp

演者:Dr. Grace Naswa Makokha (Hiroshima University)

 

演題:Prevalence of NS5A Resistance Associated Variants in NS5A Inhibitor Treatment Failures and an Effective Treatment for NS5A-P32 Deleted Hepatitis C Virus in Humanized Mice

演者:Dr. Yuji Teraoka (Hiroshima University)

 

演題:Efficacy of Glecaprevir and Pibrentasvir Treatment for Hepatitis C Virus Drug Resistance-Associated Variants in Humanized Mice

演者:Dr. Mitsutaka Osawa (Hiroshima University)

2018年12月 Inaugural Asian International Conference on Drug-Drug Interactions 2018(ADDI2018) (Hong Kong, China)

演題:Case Study for Improvements of CYP DDI Victim Risk GAP between Perspective and Retrospective Prediction Using New ADME Tools, Chimeric Mice

演者:Dr. Daisuke Tenmizu (Astellas Pharma Inc.)