Phoenix Bio

実施例

遺伝子治療

PXBマウスで、ヒトの肝細胞への遺伝子導入を確認できます

 

PXBマウスは肝臓の70%以上がヒト肝細胞に置換されていますので、AAV(アデノ随伴ウイルス)等の治療を目的としたウイルスが、ヒトの肝細胞に感染するかどうかを確認することができます。

 

 

AAVベクターを用いたヒト肝臓への遺伝子取込(イメージング)

※本データは、自治医科大学医学部 教授 大森司先生からご提供いただいたデータです。

 

 

動物が生きた状態で、肝臓への遺伝子導入が確認できました。

実験条件

・ベクター(導入遺伝子):AAV8

 (CAG-PromoterLuciferase

・投与ルート:静脈内投与

・投与量:0.51012/kg

・撮影:投与3週間後(撮影時間:1秒)

遺伝子治療での実施例

学会発表

学会:第16回日本遺伝子治療学会(2010年)

  • 演題:GENE TRANSDUCTION INTO HUMAN HEPATOCYTES TRANSPLANTED INTO A CHIMERIC MOUSE BY USING SELF-COMPLEMENT
  • 演者:石田 雄二(株式会社フェニックスバイオ)

 

学会:26th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL) 2017

  • 演題:Combinations of a DNA-Directed RNA Interference Agent With Standard of Care Drugs Results in Superior Suppression of Hepatitis B Virus (HBV) in a Chimeric Mouse Model
  • 演者:Dr. David Suhy (Benitec Biopharma)

 

学会:EASL The International Liver Congress 2017

  • 演題:Superior suppression of hepatitis B virus DNA and antigen levels in a chimeric mouse model when BB-103, a DNA-directed RNA interference agent, is coupled with standard of care drugs
  • 演者:Dr. David Suhy (Benitec Biopharma)

 

 

詳しい情報は、「オンデマンド・Webセミナー」を通じて紹介をしております。