Phoenix Bio

製品(Product)

弊社では、非アルコール性脂肪肝病態モデル(NASH病態モデル)として、①「NASH-c/PXBマウス」②「NASH-g/PXBマウス」がございます。

①NASH病態モデル「NASH-c/PXBマウス」

PXBマウスに、CDAHFD(コリン欠乏アミノ制限高脂肪食)12週間給餌させたモデルです。

※CDAHFD: Research Diets, Inc.で購入しました。

特徴

  • 肝細胞のバルーニングおよびマロリーデング様小体を確認
  • 類洞周囲性(肝細胞周性)の肝線維化を確認
  • 炎症反応(マイクロファージ、好中球浸潤、炎症関連遺伝子発現)を確認
  • ヒトALT-1の上昇を確認

②NASH病態モデル「NASH-g/PXBマウス」

PXBマウスに、GAN-diet※※(フルクトース含有高コレステロール食)30週間給餌させたモデルです。

※※GAN (Gubra Amylin NASH)-diet: Research Diets, Inc.で購入しました。

特徴

  • 肝細胞のバルーニングおよびマロリーデング様小体を確認
  • 類洞周囲性(肝細胞周性)の肝線維化を確認
  • 炎症反応(マイクロファージ、好中球浸潤、炎症関連遺伝子発現)を確認
  • 脂質(コレステロール、トリグリセリド)の上昇を確認

詳しい情報は、「オンデマンド・Webセミナー」を通じて紹介をしております。

NASH病態モデルに関する学会発表

弊社研究部より、NASH病態モデルに関する学会発表を行なった実績がございます。

学会:第31回 肝類洞壁細胞研究会

  • 演題:ヒト肝細胞キメラマウスを⽤いた⾮アルコール性肝炎モデルの開発
  • 演者:菅原 豪(株式会社フェニックスバイオ)

学会:第15回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム

  • 演題:コリン欠乏メチオニン減量高脂肪食(CDAHFD)を用いたヒト肝臓キメラマウスの非アルコール性脂肪性
       肝炎 (NASH)モデル開発
  • 演者:喜早 慧士(株式会社フェニックスバイオ)

学会:EASL The International Liver Congress 2019

  • 演題:Development of humanized non-alcoholic steatohepatitis model using chimeric mice with highly repopulated
       humanized livers
  • 演者:立野 知世(株式会社フェニックスバイオ)

学会:AASLD 2020(The Liver Meeting)

  • 演題:ESTIMATING DRUG EFFICACY WITH A DIET-INDUCED NASH MODEL IN CHI-MERIC MICE WITH
       HUMANIZED LIVERS
  • 演者:喜早 慧士(株式会社フェニックスバイオ)

学会:第16回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム

  • 演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いたCDAHFD誘発NASHモデルへのElafibranor投与による薬効効果の検証
  • 演者:喜早 慧士(株式会社フェニックスバイオ)

お問合せ