Phoenix Bio

関連学会発表(PXB-mouse)

関連学会発表(PXB-mouse)

2019年1月 日本毒性学会 第1回医薬品毒性機序研究会 (名古屋,愛知)

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いた抗体医薬品の肝毒性機序解析

演者:仁平 開人 様(協和発酵キリン株式会社 安全性研究所)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス)、およびキメラマウス由来新鮮ヒト肝細胞(PXB-cells)の肝毒性予測系としての利用

演者:立野(向谷) 知世(株式会社フェニックスバイオ)

 

演題:イメージング質量分析を用いたヒト肝細胞キメラマウスにおける薬剤性胆汁うっ滞の評価

演者:田村 優香 先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究科)

2019年3月 SOT 58th Annual Meeting and ToxExpo 2019 (Baltimore, USA)

演題:Evaluation of Aflatoxin B1-Induced Human Hepatotoxicity in Humanized Liver Chimeric Mice and Fresh Human Hepatocytes Isolated from Chimeric Mice.

演者:石田 雄二(株式会社フェニックスバイオ)

2019年3月 日本薬学会 第139年会(幕張,千葉)

演題:サルおよび肝移植キメラマウスにおけるOATP1B内因性基質の血中濃度推移に対するリファンピシンおよび胆汁分流の影響

演者:竹原 一成 様(第一三共株式会社)

2019年4月 EASL The International Liver Congress 2019(Wien, Austria)

演題:Evidence for the presence of infectious virus in the serum from chronic hepatitis B patients suppressed on nucleos(t)ide therapy with detectable but not quantifiable HBV DNA

演者:Dr. Dara Burdette(Gilead Sciences, Inc.)

 

演題:EDP-514, a novel HBV core inhibitor with potent antiviral activity both in vitro and in vivo

演者:Dr. Kai Lin (Enanta Pharmaceuticals, Inc.)

 

演題:Development of humanized non-alcoholic steatohepatitis model using chimeric mice with highly repopulated humanized livers

演者:Chise Tateno(株式会社フェニックスバイオ)

2019年4月 アジア太平洋肝臓学会(東京)

演題:Inhibitory Effects of HAV Infection on HBV Replication in Hepatocytes and Japanese Rice-koji Miso has Inhibitory Effects on HAV Replication

演者:神田  達郎  先生(日本大学)

2019年4月 安全性評価研究会 第22回 春のセミナー(大阪)

演題:核酸医薬開発とヒト肝細胞キメラマウス    -これまでの実績・現在の取り組み・今後の課題-

演者:加国  雅和(株式会社フェニックスバイオ)

2019年5月 第105回日本消化器病学会(金沢,石川)

演題:ウイルス性肝炎に関する研究

演者:茶山  一彰  先生(広島大学消化器・代謝内科学)

 

演題:核酸アナログ・ペグインターフェロン併用療法におけるHBs低下に寄与する因子の検討

演者:柘植  雅貴  先生(広島大学消化器・代謝内科)

 

演題:新規機能的カプシド阻害cccDNA低分子化合物CBT-078

演者:小嶋  聡一  先生(理化学研究所)

 

演題:マウス肝線維化進展予防薬の探索及びレトロゾールによる線維化進展予防効果の検証

演者:酒井  規裕  先生(新潟大学消化器内科)

2019年5月 第26回肝細胞研究会(横浜,神奈川)

演題:ヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス)由来肝細胞(PXB-cells)のin vitro機能維持における転写因子の役割

演者:山崎  ちひろ(株式会社フェニックスバイオ)

 

演題:B型肝炎ウイルス各種遺伝子型におけるin vitroでの感染性についての検討

演者:藤野  初江  先生(広島大学消化器・代謝内科)

2019年5月 第55回日本肝臓学会総会(新宿,東京)

演題:胆汁酸誘導体を用いた新規抗HBV剤の開発

演者:伊藤  清顕  先生(愛知医科大学肝胆膵内科)

 

演題:HBV現感染および既感染状態を制御する因子による抗HBV効果

演者:川口  和紀  先生(金沢大学消化器内科)

 

演題:B型肝炎ウイルス感染キメラマウスを用いたcccDNAを標的とする新規抗HBV療法の

探索

演者:奥新  和也  先生(東京大学感染制御部)

 

演題:分子スイッチ予測に基づく新しいHBV治療剤の開発法

演者:池田  正徳  先生(鹿児島大学)

 

演題:C型肝炎ウイルス感染マウスモデルを用いたNS5A-P32delおよびNS5B-S282T変異の検討

演者:今村  道雄  先生(広島大学消化器・代謝内科)

 

演題:Droplet digital PCRを用いたcccDNA測定系の開発

演者:林  佐奈衣  先生(名古屋市立大学病態医科学)

2019年6月 第46回日本毒性学会学術年会(徳島)

演題:ヒト成熟肝細胞のリプログラミングによる肝前駆細胞の作成と毒性研究への応用

演者:落谷  孝広  先生(東京医科大学)

 

演題:ヒト肝臓キメラマウス(PXBマウス®)を用いたTRAIL-R2/death receptor 5アゴニスト抗体の肝毒性評価及び網羅的遺伝子解析による機序解明

演者:仁平  開人  様(協和発酵キリン株式会社)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウスを用いた薬剤性肝障害マーカーとしてのマイクロRNAの同定

演者:榎本  初音  様(東和薬品株式会社)

 

演題:核酸医薬開発における留意点   -毒性の予測と回避-

演者:井上  貴雄  先生(国立医薬品食品衛生研究所)

 

演題:抗体医薬品開発における毒性種差の事例

演者:南谷  賢一郎  様(協和発酵キリン株式会社)

 

演題:ヒト肝細胞キメラマウスにおける胆汁酸プロファイルと薬物性胆汁うっ滞の評価

演者:佐能  正剛  先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究科)

2019年7月 第15回広島肝臓プロジェクト研究センター・シンポジウム(広島)

演題:低分子化合物により作製したヒト肝前駆細胞の性状と臨床応用

演者:落谷  孝広  先生(東京医科大学医学総合研究所)

 

演題:Ribonucleotide reductase M2 promotes RNA replication of hepatitis C virus by Protecting NS5B protein from hPLIC1-dependent proteasomal degradation

演者:小原  恭子  先生(鹿児島大学共同獣医学部)

 

演題:コリン欠乏メチオニン減量高脂肪食(CDAHFD)を用いたヒト肝臓キメラマウスの非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)モデル開発

演者:喜早  慧士(株式会社フェニックスバイオ)

2019年7月 第5回日本核酸医薬学会年会(大阪)

演題:核酸医薬開発におけるヒト肝臓キメラマウスの有用性について

演者:和田  郁人  先生(国立循環器病研究センター)

 

演題:ヒト肝臓キメラマウスを核酸医薬の評価モデルに応用するための基礎検討と実用性評価

演者:和田  郁人  先生(国立循環器病研究センター)

2019年7月 医療薬学フォーラム第27回クリニカルファーマシーシンポジウム(広島)

演題:ヒト肝細胞キメラマウスおよび肝細胞3次元培養を用いた薬物動態・薬物間相互作用の予測

演者:佐能  正剛  先生(広島大学大学院医系科学研究科)

2019年7月 第29回抗ウイルス療法学会学術集会(東京)

演題:Post SVRにおける課題と展望

演者:今村  道雄  先生(広島大学病院消化器・代謝内科)

 

演題:7-deazaadenine ribonucleoside誘導体の抗HBV効果について

演者:外山  政明  先生(鹿児島大学)

 

演題:ヒト肝キメラマウスで強力な抗HBV活性を発揮するヌクレオシド誘導体CFCPの発見とその活性発揮特性の検討

演者:鍬田  伸好  先生(国立国際医療研究センター)

 

演題:長期CFCP投与はエンテカビル耐性HBVの複製を持続的に抑制する

演者:林  佐奈衣  先生(名古屋市立大学大学院医学研究科)

2019年8月 第23回薬物動態談話会セミナー(東京)

演題:ヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス®)を用いた医薬品のヒト動態予測

演者:宮本  真紀  様(武田薬品工業株式会社)

2019年10月 International HBV meeting(Melbourne, Australia)

演題:Analysis of the association between HBV infection and long term trends in intrahepatic gene expression

演者:Masataka  Tsuge(Hiroshima University)

 

演題:FXR/TGR5 dual agonist inhibits hepatitis B virus infection in vitro and in vivo.

演者:Kiyoaki  Ito(Aichi Medical University School of Medicine)

 

演題:A Novel CpAM, CBT-078

演者:Kenji  Ogawa(Riken)

 

演題:The activation of RIG-I dependent innate immune responses by HCV poly U/UC PAMP motif inhibits cccDNA formation

演者:Sooyoung  Lee(University of Washington)

 

演題:Mechanism of viral interference and treatment response in HBV and HCV co-infection

演者:Xiaoming  Cheng(Liver Diseases Branch, NIH)

 

演題:Hepatitis B virus cccDNA is stable during hepatocyte proliferation in vivo

演者:Sanae  Hayashi(Nagoya City University)

 

演題:Novel anti-HBV compound, FF-B003, reduced HBV DNA and HBsAg by destabilizing HBV RNA

演者:Takaki  Kawano(FUJIFILM corporation)

 

演題:Development of an in vivo delivery system for CRISPR/Cas9-mediated targeting of hepatitis B virus covalently closed circular DNA

演者:Kyoko  Tsukiyama-Kohara(Kagoshima University)

2019年10月 15th Annual Meeting of the OTS(Munchen, Germany)

演題:Evaluation of Antisense Oligonucleotides Targeting Human mRNA Using Chimeric Mice with Humanized Liver.

演者:和田  郁人  先生(国立循環器病研究センター)