Phoenix Bio

PXBマウス関連の学術論文のご紹介:鹿児島大学

2020/11/09

鹿児島大学様より、PXBマウス関連の学術論文が発表されましたのでご紹介申し上げます。 

【詳細】 

掲載雑誌名:Virus Res. 2020 Oct 10;290:198191. doi: 10.1016/j.virusres.2020.198191 

論文名:Development of an in vivo delivery system for CRISPR/Cas9-mediated targeting of hepatitis B virus cccDNA

著者:Dr. Mohammad Enamul Hoque Kayesh, et. al.(鹿児島大学) 

概要 :  慢性的なヒトB型肝炎(HBV)感染症の治療を目的として、ゲノム編集を利用した遺伝子治療を試みた。

「WJ11/Cas9」の遺伝子を組み込んだアデノ随伴ウイルス2(AAV2)ベクターを、HBVに感染したヒト肝臓
キメラマウス(PXBマウス)へ導入したところ、HBVの複製を優位に阻害することを確認した。
さらに肝臓組織内におけるHBVのcccDNA、HBcAg、HBsAg、およびHBV DNAも優位に抑制したほか、遺伝子
治療によるヒト肝毒性の影響も見られなかった。この新しい遺伝子治療法が安全で効果的な慢性B型肝炎の治療

法として期待される。

URL(鹿児島大学様論文概要) : https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33049308/

PXBマウス関連の学術論文(住友化学様)が「FEATURED paper」に選ばれました

2020/10/29
住友化学株式会社様より発表された下記のPXBマウス関連の学術論文が、「FEATURED paper」に選ばれましたので
ご紹介申し上げます。

尚、「FEATURED paper」とは、様々な影響力のある科学を反映した論文として、同雑誌で各号2~3の記事に焦点を

あてて紹介されています。

【詳細】

掲載雑誌名:TOXICOLOGICAL SCIENCES, 177(2), 2020, 362–376

論文名:Comparison of the Hepatic Effects of Phenobarbital in Chimeric Mice Containing Either Rat or Human

Hepatocytes With Humanized Constitutive Androstane Receptor and Pregnane X Receptor Mice

著者:Dr. Yamada, et. al.(住友化学株式会社)

概要:化学品のヒト肝毒性予測において、ヒトの肝臓をもつキメラマウス(PXBマウス)が有用であることを、PXB

マウスが、ラットの肝臓をもつキメラマウスや遺伝子組換え動物(hCAR/hPXRマウス)との反応性において
差異があることを示すことで、科学的に実証した。

PXBマウス関連の学術論文のご紹介:株式会社フェニックスバイオ

2020/10/09

弊社研究員(石田)のPXB-cells関連の学術論文が発表されましたのでご紹介申し上げます。 

【詳細】 

掲載雑誌名:PLOS ONE, September 23 2020 ;https://doi.org/10.1371/journal.pone.0239540

掲載希望日:20209月23日 

論文名:Detection of acute toxicity of aflatoxin B1 to human hepatocytes in vitro and in vivo using chimeric mice with

humanized livers
著者:Yuji Ishida, et. al.(株式会社フェニックスバイオ) 

概要:今回我々は、株式会社特殊免疫研究所、東京大学、及び広島大学との共同研究において、ヒト型の薬物代謝酵素

活性を維持するPXBマウスとPXB-cellsが、汚染された穀物等を摂取する事で集団で急性肝障害を起こす事例が
世界中で発生しているAflatoxin B1 (AFB1) のヒト肝細胞に対する急性細胞毒性を解析する上で、非常に有用な
モデルとなる事を明らかにしました。特に本研究において、①PXBマウスを始めとするヒト肝細胞キメラマウス
を用いた試験で課題とされた「血液サンプルを用いたヒト肝細胞特異的な肝障害の定量的評価」が、今回の共同
研究で開発した「ヒトALT1特異的ELISA法」によって可能となった事と、②株式会社サイトパスファインダーの
「siRNAトランスフェクションプレート」を用いて、主要な薬物代謝酵素であるCYP3A4のAFB1が誘発する急性
ヒト肝毒性における役割を明らかにした事は、今後ヒト肝細胞に対する様々な化学物質や医薬品候補化合物の
毒性評価を行う上で、PXBマウスとPXB-cellsの有用性をより高める重要な研究成果であると考えています。

URL(石田論文概要) : https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0239540

 

PXBマウス関連の学術論文のご紹介:株式会社フェニックスバイオ

2020/10/02

弊社研究員(山崎)のPXB-cells関連の学術論文が発表されましたのでご紹介申し上げます。

【詳細】

掲載雑誌名:PLoS One. 2020 Sep 11;15(9):e0237809. doi: 10.1371/journal.pone.0237809.
掲載希望日:2020年10月2日(金)

論文名:Culture density contributes to hepatic functions of fresh human hepatocytes isolated from chimeric mice with humanized livers: Novel, long-term, functional two-dimensional in vitro tool for developing new drugs
著者:Chihiro Yamasaki, et. al.(株式会社フェニックスバイオ)
概要:PXBマウスから分離した新鮮ヒト肝細胞(PXB-cells)は、in vitroにおいて長期間にわたり高い肝機能を維持する

ことから、in vitro評価試験における有用なツールとなり得ること、またPXBマウスはこのような肝細胞の供給源
となり得ることが示された。さらに、PXB-cellsにおける長期間の高機能維持は、PXB-cellsのプレートへの高い
接着性に起因した高密度培養により、薬物代謝関連遺伝子の発現を制御する転写因子が高く保たれていることが要因であると考えられた。

PXBマウス関連の学術論文のご紹介:武田薬品工業株式会社

2020/09/11

武田薬品工業様より、PXBマウス関連の学術論文が発表されましたのでご紹介申し上げます。

【詳細】

掲載雑誌名:Xenobiotica. 2020 Aug 25; 1-10.  doi:10.1080/00498254.2020.1808735

掲載日:2020年8月25日

論文名:Characterization of plasma protein binding in two mouse models of humanized liver, PXB mouse and humanized

TK-NOG mouse.

著者:Maki Miyamoto, et. al.(武田薬品工業株式会社)

概要:ヒトPK予測の重要な指標となる血漿中タンパク結合率について、2種類のヒト肝細胞キメラマウスである “PXBマ

ウス” と “Hu-Liver TK-NOGマウス” を用 いて、ヒト予測精度を比較した。
臨床データとの相関性は、PXBマウスは39化合物中34化合物(87.2%)、 Hu- Liver TK-NOGマウスは24化合物中15化合物(62.5%)であり、PXBマウスの方が高い予測精度を示した。

PXBマウス関連の学術論文のご紹介:住友化学

2020/08/28

住友化学株式会社様より、PXBマウス関連の学術論文が発表されましたのでご紹介申し上げます。

【詳細】

掲載雑誌名:Toxicological Science, kfaa125, https://doi.org/10.1093/toxsci/kfaa125

掲載日:2020年7月31日

論文名:Comparison of the hepatic effects of phenobarbital in chimeric mice containing either

rat or human hepatocytes with humanized constitutive androstane receptor (CAR) and
pregnane X receptor (PXR) mice (hCAR/hPXR mice).

著者:Yamada, et. al.(住友化学株式会社)

概要:化学品のヒト肝毒性予測において、ヒトの肝臓をもつキメラマウス(PXBマウス)が有用であることを、

PXBマウスが、ラットの肝臓をもつキメラマウスや遺伝子組換え動物(hCAR/hPXRマウス)との反応性において

差異があることを示すことで、科学的に実証した。

Signal activation of hepatitis B virus-related hepatocarcinogenesis by upregulation of SUV39h1

2020/06/17

Takeuchi, Y. Tsuge, M. Tsushima, K. Suehiro, Y. Fujino, H. Ono, A. Yamauchi, M. Makokha, G. N. Nakahara, T. Murakami, E. Abe-Chayama, H. Kawaoka, T. Miki, D. Imamura, M. Aikata, H. Hayes, C. N. Tateno, C. Chayama, K.

J Infect Dis. 2020 Jun 9:jiaa317. doi: 10.1093/infdis/jiaa317.

Discovery of Hydroxyamidine Based Inhibitors of IDO1 for Cancer Immunotherapy with Reduced Potential for Glucuronidation

2020/06/17

Steeneck, C. Kinzel, O. Anderhub, S. Hornberger, M. Pinto, S. Morschhaeuser, B. Braun, F. Kleymann, G. Hoffmann, T.

ACS Med Chem Lett. 2020 Jan 27;11(2):179-187. doi: 10.1021/acsmedchemlett.9b00572. eCollection 2020 Feb 13.

Predictability of human pharmacokinetics of drugs that undergo hepatic organic anion transporting polypeptide (OATP)-mediated transport using single-species allometric scaling in chimeric mice with humanized liver: Integration with hepatic drug metabolism

2020/06/17

Sanoh, S. Naritomi, Y. Kitamura, S. Shinagawa, A. Kakuni, M. Tateno, C. Ohta, S.

Xenobiotica. 2020 Jun 5:1-10. doi: 10.1080/00498254.2020.1769229.

A novel evaluation method for determining drug-induced hepatotoxicity using 3D bio-printed human liver tissue

2020/06/17

Ide, I. Nagao, E. Kajiyama, S. Mizoguchi, N.

Toxicol Mech Methods. 2020 Mar;30(3):189-196. doi: 10.1080/15376516.2019.1686795. Epub 2019 Nov 21.

Engineering Cellular Biosensors with Customizable Antiviral Responses Targeting Hepatitis B Virus

2020/06/17

Matsunaga, S. Jeremiah, S. S. Miyakawa, K. Kurotaki, D. Shizukuishi, S. Watashi, K. Nishitsuji, H. Kimura, H. Tamura, T. Yamamoto, N. Shimotohno, K. Wakita, T. Ryo, A.

iScience. 2020 Mar 27;23(3):100867. doi: 10.1016/j.isci.2020.100867. Epub 2020 Feb 26.

Species differences in liver accumulation and metabolism of nucleotide prodrug sofosbuvir

2020/06/17

Wang, T. Babusis, D. Park, Y. Niu, C. Kim, C. Zhao, X. Lu, B. Ma, B. Muench, R. C. Sperger, D. Ray, A. S. Murakami, E.

Drug Metab Pharmacokinet. 2020 Jun;35(3):334-340. doi: 10.1016/j.dmpk.2020.04.333. Epub 2020 Apr 16.

Art of Making Artificial Liver: Depicting Human Liver Biology and Diseases in Mice

2020/04/14

Sugahara, G. Ishida, Y. Sun, J. Tateno, C. Saito, T.

Semin Liver Dis. 2020 Feb 19. doi: 10.1055/s-0040-1701444.

Characterization and applications of chimeric mice with humanized livers for preclinical drug development

2020/04/14

Tateno, Chise;   Kojima, Yuha

Laboratory Animal Research volume 36, Article number: 2 (2020)

Diminished hepatic IFN response following HCV clearance triggers HBV reactivation in coinfection

2020/04/14

Cheng, X. Uchida, T. Xia, Y. Umarova, R. Liu, C. J. Chen, P. J. Gaggar, A. Suri, V. Mucke, M. M. Vermehren, J. Zeuzem, S. Teraoka, Y. Osawa, M. Aikata, H. Tsuji, K. Mori, N. Hige, S. Karino, Y. Imamura, M. Chayama, K. Liang, T. J.

J Clin Invest. 2020 Mar 12. pii: 135616. doi: 10.1172/JCI135616.

Lipoprotein profile and lipid metabolism of PXB-cells((R)), human primary hepatocytes from liver-humanized mice: proposal of novel in vitro system for screening anti-lipidemic drugs

2020/04/14

Hata, K. Sayaka, T. Takahashi, M. Sasaki, A. Umekawa, Y. Miyashita, K. Ogura, K. Toshima, G. Maeda, M. Takahashi, J. Kakuni, M.

Biomed Res. 2020;41(1):33-42. doi: 10.2220/biomedres.41.33.

Successful energy shift from glycolysis to mitochondrial oxidative phosphorylation in freshly isolated hepatocytes from humanized mice liver

2020/04/14

Ikeyama, Y. Sato, T. Takemura, A. Sekine, S. Ito, K.

Toxicol In Vitro. 2020 Jan 25:104785. doi: 10.1016/j.tiv.2020.104785.

High-throughput screening to evaluate inhibition of bile acid transporters using human hepatocytes isolated from chimeric mice

2019/11/28

Kohara, H. Bajaj, P. Yamanaka, K. Miyawaki, A. Harada, K. Miyamoto, K. Matsui, T. Okai, Y. Wagoner, M. Shinozawa, T.

Toxicol Sci. 2019 Nov 13. pii: 5625164. doi: 10.1093/toxsci/kfz229.

Application of a Novel Mass Spectral Data Acquisition Approach to Lipidomic Analysis of Liver Extracts from Sitaxentan-treated Liver-Humanized PXB Mice

2019/11/28

King, A. Baginski, M. Morikawa, Y. Rainville, P. D. Gethings, L. A. Wilson, I. D. Plumb, R. S.

J Proteome Res. 2019 Oct 8. doi: 10.1021/acs.jproteome.9b00334..

Generation of human hepatic progenitor cells with regenerative and metabolic capacities from primary hepatocytes

2019/11/28

Katsuda, T. Matsuzaki, J. Yamaguchi, T. Yamada, Y. Prieto-Vila, M. Hosaka, K. Takeuchi, A. Saito, Y. Ochiya, T.

Elife. 2019 Aug 8;8. pii: 47313. doi: 10.7554/eLife.47313.